にんにく卵黄は家庭用の食品であり伝統的な食品なので、一般家庭でも作ることができます

にんにく卵黄の作り方

にんにく卵黄というと、サプリメントや健康食品を思い浮かべる人がほとんどかもしれません。しかし、もともと、にんにく卵黄は家庭用の食品であり、伝統的な食品なのです。そのため、一般家庭でも十分に作ることができるといえます。

そこでにんにく卵黄の作り方を紹介していきましょう。

1、にんにくを加熱します
まず、卵黄を2個、にんにくを6個用意しましょう。にんにくをレンジで加熱していきます。加熱時間としては、1個あたり1分程度となります。6個まとめて過熱をする場合は6分過熱をしましょう。

2、にんにくの皮をむきます
レンジで加熱が終了したら、レンジからにんにくを取り出しむいていきます。にんにくは過熱をすると簡単に皮がむけるようになっていますが、熱くなっているのでヤケドには気をつけましょう。

3、ふやかします
お鍋に皮をむいたにんにくと、大匙3のお水をいれて弱火にかけます。ふたをしてやわらかくなったら、マッシャーなどでつぶしていきましょう。

4、卵黄を加えます
つぶし終えたにんにくに卵黄を加えて、混ぜていきます。その後日にかけてしばらくかき混ぜながら加熱をしていき、最終的にねっとり感がでてきたらOKです。

5、乾燥させます
ラップを広げ、ラップの半分のスペースににんにくを広げ、乾燥させます。表面を触ってもくっついてこなくなったら、残りの半分のスペースにひっくり返して裏面を乾燥させます。その後はネットに入れて干す、もしくは三角コーナー用ネットに入れて干していきましょう。

6、成形して切ります
しっかりと乾いたら切っていきます。最初は千切りの状態にして、そこからあとはちょうど良いと思われるサイズにしていきましょう。大きすぎても小さすぎても使いづらいので、市販の錠剤程度を目安にするとよいかもしれません。

以上がにんにく卵黄の作り方になります。

にんにく卵黄は作り方を知ってしまえば簡単ですので、チャレンジをしてみても面白いかもしれません。

にんにく卵黄はやっぱりサプリの方がいいという方はこちらにどうぞw