http://www.firmage.org/

加圧エクサ用グローブで鍛える

加圧エクサ用グローブが話題です。防水仕様のEMSグローブを使うと、お風呂でエステができます。半身浴をしながら、お風呂エステをしている人が増えているようです。お風呂エステの方法は、EMSグローブをした手で、体の鍛えたい部分に触れるだけです。

加圧エクサ用グローブの特長を紹介します。①防水仕様なので、安心してお風呂エステを楽しむことができます。②グローブタイプなので、気になる部位を“つまむ”・“つかむ”・“ほぐす”等して鍛えられます。③目元や首等のデリケート部分にも使える、フェイスモードが付いています。

お風呂で半身浴をしていると、余分な部分が気になります。そんな時に加圧エクサ用グローブをした手で、気になる部分や細くしたい部位に触れてください。“つまんだり”“つかんだり”して鍛えてください。

加圧エクサ用グローブは、EMSグローブとも言われます。このEMSとはどういう意味でしょうか。EMSとは、運動神経に電気刺激を与えて、効率よく筋肉を鍛える運動法です。普通は筋肉を鍛えるために、重力や外力に逆らって収縮と弛緩を繰り返します。筋肉の鍛錬に疲れると、トレーニングを続けることはできません。普通の人は、腕立て伏せ1000回などできませんよね。これは、筋肉が疲れるとトレーニングが嫌になって、脳からの電気信号が止まるからです。

大脳から送られる電気信号と同じ信号を体の外から与えると、意志には関係なくトレーニングを続けることができます。この仕組みを応用したのが、加圧エクサ用グローブによる運動です。お風呂で、気になる部分を触ってEMS運動すれば筋肉繊維が太くなります。筋肉組織が太くなると、基礎代謝が上がり無駄な脂肪を燃焼します。無駄な脂肪を減らして筋肉質の体を作ることが出来ますね。

加圧エクサ用グローブを使用したEMS運動は、本人の意志とは無関係です。お風呂の中でリラックスしながら、脂肪を燃焼させながら筋肉量を増やすことができます。